コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一枚張筋伏星冑 いちまいばりすじぶせのほしかぶと

世界大百科事典内の一枚張筋伏星冑の言及

【冑∥兜】より

…中世の冑は衝角付冑にくらべてはぎあわせの留鋲の頭がひじょうに大きくなったところから,星冑(ほしかぶと)といわれる。これには鉢を1枚の鉄板で打ち出し,筋を伏せ鋲を打った一枚張筋伏星冑(いちまいばりすじぶせのほしかぶと)と,5枚あるいは10枚以上の台形板金をはぎあわせて鋲留めしたものとの2種がある。とくに星のいちじるしく大きいものを厳星(いがぼし)といっている。…

※「一枚張筋伏星冑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android