コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次スライム(読み)いちじすらいむ

世界大百科事典内の一次スライムの言及

【スライム】より

…鉱山において採掘された鉱石の中には,採掘,運搬などの工程において自然に発生した微粒子が含まれており,これらはしばしば水洗などの前処理工程において粗粒子群から分離される。このような微粒子(ふつう74μm以下を指すことが多い)は一次スライムと呼ばれ,後の粉砕工程において新たに生成されたスライムから区別されることがある。【井上 外志雄】 金属を電解精製する際には,陽極金属中に含まれる不純物などが,電解液に溶けずに微粒子状態で陽極表面に泥状に残ったり,電解槽の底にたまる。…

※「一次スライム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android