コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次核化 いちじかくか

世界大百科事典内の一次核化の言及

【晶析】より

…この核化現象は,過飽和度と関連した溶液の冷却速度,かくはんなどの機械的エネルギー,溶液中に存在する不純物,析出する結晶と同種の結晶が存在するか否か等の影響を受ける。このような結晶が存在しないときに起こる核発生は一次核化,存在するときの現象は二次核化といわれる。二次核化は一次核化が認められるより小さな過飽和度で起こり,通常の工業装置内では,二次核化現象が支配的に起こる。…

※「一次核化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android