一次耕(読み)いちじこう

世界大百科事典内の一次耕の言及

【プラウ】より

…プラウで耕された土は帯状または大きな土塊であるので,これを砕土機で砕く必要がある。その意味でプラウによる耕起作業を一次耕という。プラウには発土板をもったモールドボードプラウと球の一部を切り出して周辺に刃をつけた形状のディスクプラウとがある。…

※「一次耕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android