コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次製錬 いちじせいれん

世界大百科事典内の一次製錬の言及

【製錬】より

…直接製錬は工程数が少ないので,製錬プロセスの省エネルギー化,省力化の可能性を秘めており,現行製錬法の技術革新のために広く研究の対象となっているが,プロセス制御の困難,製品歩留り(原料中に含まれた金属分のうち製品として採取できた量の割合)の低下,製品純度の低下などの欠点の克服が通常難しい問題となる。工業生産される金属では間接製錬が普通で,一次製錬(粗製錬,目的金属の濃縮)と二次製錬(精製,純金属の製造)などの2段階以上のプロセスで組み立てられている。(2)乾式製錬と湿式製錬 水溶液を利用した製錬法を湿式製錬,水溶液を用いないで,高温化学反応を利用した製錬方式を乾式製錬と呼ぶ。…

※「一次製錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone