一重まぶた(読み)ひとえまぶた

世界大百科事典内の一重まぶたの言及

【人種】より

…まぶたの形状でとくに興味を引くのは蒙古皺襞,つまり目がしらの部位で内眥(ないし)の涙囊をおおうように下行する鎌状のひだである。これまたモンゴロイドに多い一重まぶたは,まぶたの脂肪の蓄積のために生ずる。寒地で眼球の保護をするすぐれた作用があり,モンゴロイドを寒地適応型とする一つの根拠となっている。…

【まぶた(瞼)】より

…まぶたの前面には,眼裂に平行して走る溝,眼瞼溝があることがある。このようなまぶたが二重(ふたえ)まぶたで,溝のないものが一重(ひとえ)まぶたである。また,日本人など東洋人では,内眼角部で皮膚が上眼瞼縁にかぶさって,ひだをつくる。…

※「一重まぶた」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一重まぶたの関連情報