万三郎岳(読み)ばんざぶろうだけ

世界大百科事典内の万三郎岳の言及

【天城山】より

…静岡県伊豆半島の中東部を占める火山。この半島の最高峰である万三郎(ばんざぶろう)岳(1406m)を主峰とし,洪積世以来長期にわたって形成され,本体はおもに安山岩質の溶岩からなる。本体の形成に先立ってまず南部の浅間山(516m),三筋山(812m),登り尾(1057m)などの活動があり,続いて白田川の源流にあたる主火口から多量の溶岩が北・東の方向に流下して本体が形成された。…

※「万三郎岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android