万国電信連合(読み)ばんこくでんしんれんごう

世界大百科事典内の万国電信連合の言及

【国際通信】より


[国際通信の歴史]
 1834年のアメリカ人S.F.B.モースによる電信機の発明後,イギリスでは37年に鉄道沿線で有線電信が実用化され,アメリカでも45年にワシントンとボルチモア間に電信線路が建設されたが,最初の国際電信は,49年にプロシアとオーストリアとの間で電信条約に基づき始められた。65年にはパリ会議が開かれ万国電信連合が誕生した。国際海底電信は,1850年,ドーバー海峡にイギリス・フランス間の海底線を敷設したのが始まりとされており,欧米大陸間も66年に海底線で結ばれた。…

【国際電気通信連合】より

…略称ITU。1865年に設立された万国電信連合と1908年に設立された国際無線電信連合が統合し,1947年に発足。97年9月現在188ヵ国が加盟し,本部はジュネーブにある。…

※「万国電信連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android