上ゲ端(読み)あげは

世界大百科事典内の上ゲ端の言及

【クセ(曲)】より

…楽式は普通3節から成り,第1節は低音で始まって中下旋律をくり返したのち下音で終わり,第2節は中音から始まって,同じく中下旋律をくり返したのち再び下音で終わる。第3節は上音で始まるが,その初めの1~2句だけをシテ,ワキなどの役が謡い(これを〈上ゲ端(は)〉と呼ぶ),上中旋律をくり返したのち下音に下って終わる。この3節型がもっとも例が多いが,ほかに,第1節・第3節から成る2節型(《松風》など)や,第1節のみの1節型(《海人(あま)》など。…

※「上ゲ端」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android