上終町遺跡(読み)かみはてちょういせき

世界大百科事典内の上終町遺跡の言及

【北白川遺跡群】より

…京都盆地の北東部,比叡山南西麓に形成された複合扇状地のひとつ,北白川扇状地上に位置する。北東から北白川上終(かみはて)町遺跡,同別当町・小倉町遺跡,同追分町遺跡,吉田山西麓遺跡に分かれる。北方約1.5kmにある一乗寺,修学院の扇状地上にも縄文時代早期~晩期の遺跡群があり,南方1.5kmにも縄文時代~古墳時代の岡崎遺跡がある。…

※「上終町遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android