コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下新川海岸

1件 の用語解説(下新川海岸の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

下新川海岸

黒部市と入善町、朝日町にまたがる延長27・9キロで、全国有数の浸食が激しい海岸。建設省(当時)が1957年度から調査を始め、60年度から直轄海岸工事に着手した。区域は、魚津・黒部市境を流れる片貝川河口から朝日町西部までの延長17・2キロ。朝日町西部から新潟県境までは富山県管轄。

(2006-08-22 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下新川海岸の言及

【海岸浸食】より

… 海岸へ来襲する波の向きが海岸線に対して斜めで,岸と平行方向のいわゆる沿岸漂砂が年間を通じて卓越する海岸に,それを妨げる構造物(防波堤,河口導流堤,防砂突堤など)が築造されると,漂砂の上手側には砂が堆積し,下手側では浸食を生じる。例えば富山湾の東端に位置する下新川海岸では,西向きの沿岸漂砂が卓越しているため,その東側の宮崎漁港の防波堤建設が始まった1951年以降,海岸浸食が進んでいる。同様の例は,大井川港の防波堤建設に伴う駿河海岸北東側の浸食,日置港建設に起因するといわれる天橋立の浸食など全国各地にみられる。…

※「下新川海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下新川海岸の関連キーワード宇奈月温泉黒部市千里ニュータウン十日町盆地黒部打ち跨がる片貝川田代山祖母谷温泉伊豆エメラルドタウン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone