コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下正中切開 かせいちゅうせっかい

世界大百科事典内の下正中切開の言及

【開腹】より

…通常は上・中・下の正中切開に分ける。上正中切開は上腹部臓器すなわち胃,肝臓,胆囊,膵臓の病変に,中正中切開は大腸,小腸の病変に,下正中切開は直腸,泌尿器,性器の手術に用いられる。正中線は血管や神経,筋肉が解剖学上少ないので,これらの損傷を最小限にできること,また切開や縫合が容易なことから,最も多く用いられるが,反面,縫合後は最も抵抗の弱い部位になり,化膿や外力が加わることが原因となって離解しやすく,いわゆる瘢痕(はんこん)ヘルニアをつくりやすい。…

※「下正中切開」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone