不破万作(読み)ふわばんさく

世界大百科事典内の不破万作の言及

【不破伴左衛門】より

…現行の〈鞘当〉の型は1823年(文政6)3月江戸市村座上演の鶴屋南北作《浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)》において固定し,花の吉原仲之町で寛闊出立(かんかついでたち)で現れた不破と名古屋の刀の鞘が触れ合い,ことば争いのはて,あわや喧嘩というところを留女(とめおんな)(または留男)が割ってはいり,無事にその場は納まるというもので,色彩と音調との様式美をたんのうさせる。 豊臣秀次の小姓として寵愛され,秀次切腹のおりに殉死した不破万作(伴作)という人物がいて,これが不破伴左衛門のヒントとなったとされる。不破万作は尾張の出身で,《太閤記》巻十七や,これを踏襲した古浄瑠璃《太閤記》によれば,1595年(文禄4)7月,秀次に先立って主君の介錯で切腹した。…

※「不破万作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android