中ノ瀬戸(読み)なかのせと

世界大百科事典内の中ノ瀬戸の言及

【友ヶ島水道】より

友ヶ島と総称される地ノ島,沖ノ島の2島が海峡に浮かび,これら2島によって三分された海峡は,東から順に,紀伊半島と地ノ島間の加太(かだ)ノ瀬戸(別名地ノ瀬戸。幅約800m),地ノ島と沖ノ島間の中ノ瀬戸(幅約500m),沖ノ島と淡路島間の由良(ゆら)瀬戸(幅約4km)と名づけられる。大阪湾に出入りする大型船が通過するのは,時速4.5kmの潮流によって深く浸食されている由良瀬戸であり,中ノ瀬戸は暗礁が多くて航路に適さず,加太ノ瀬戸は水深が浅く,航行は小型船に限られる。…

※「中ノ瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android