コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中小姓 ちゅうごしょう

大辞林 第三版の解説

ちゅうごしょう【中小姓】

江戸時代、侍と足軽の中間に位置する下級武士について用いられた呼称。身分的には侍の最下層に属し、幕府軍制においては、徒歩で将軍に従う歩行かち小姓組の主だった者をいった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の中小姓の言及

【小姓】より

…戦国大名諸氏や織田・豊臣家などでは多く職制化されており,小姓組,小姓衆として番体制がとられている例もある。奥むきの雑用にたずさわる奥小姓,主君外出の際に騎馬で随従する騎馬小姓(小姓組),徒歩で随従する歩行小姓(中小姓)などと区別される場合もあった。また元服以前に近侍する若年の小姓を小(子)小姓といった。…

※「中小姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報