コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中小姓 ちゅうごしょう

大辞林 第三版の解説

ちゅうごしょう【中小姓】

江戸時代、侍と足軽の中間に位置する下級武士について用いられた呼称。身分的には侍の最下層に属し、幕府軍制においては、徒歩で将軍に従う歩行かち小姓組の主だった者をいった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中小姓の言及

【小姓】より

…戦国大名諸氏や織田・豊臣家などでは多く職制化されており,小姓組,小姓衆として番体制がとられている例もある。奥むきの雑用にたずさわる奥小姓,主君外出の際に騎馬で随従する騎馬小姓(小姓組),徒歩で随従する歩行小姓(中小姓)などと区別される場合もあった。また元服以前に近侍する若年の小姓を小(子)小姓といった。…

※「中小姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中小姓の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧士・農工商・穢多非人岡島八十右衛門貝賀弥左衛門有村次左衛門赤穂浪士一覧本多良之助本間精一郎行方久兵衛江口吉太夫中村 義上赤星十三郎加来衛門七杉野十平次工藤三助服部栗斎元田東野秋山玉山真木和泉八橋検校

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android