中小路(琵琶法師)(読み)なかしょうじ

世界大百科事典内の中小路(琵琶法師)の言及

【石村検校】より

…琉球に渡り帰京後三味線を作ったとか,梅津少将(久我敦通の子通世(みちよ)とも)の子の石麿であるなどの伝説が伝えられる。堺の中小路(なかしようじ)に住み,三味線の改良者の中小路という琵琶法師とは同一人であるという説が有力。胡弓の最初の演奏者ともされる。…

※「中小路(琵琶法師)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android