中広形銅剣(読み)なかひろがたどうけん

世界大百科事典内の中広形銅剣の言及

【銅剣】より

…朝鮮でも前1世紀には鉄剣が普及し,後1世紀中ごろにはほぼ消滅した。
[日本]
 日本出土の銅剣は,剣身の長さが30cm程度で鋭利な細形銅剣,より大型で関部に双孔をもつものが多い中細形銅剣,剣身の刳り上端が突起となる中広形銅剣,刳りが消滅し突起が発達する広形銅剣に四大別できる。日本の初期の銅剣は細形銅剣であり,その多くは朝鮮製である。…

※「中広形銅剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android