コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主体性論争 しゅたいせいろんそう

大辞林 第三版の解説

しゅたいせいろんそう【主体性論争】

第二次大戦直後、文学・哲学の分野を中心に主体性の意義をめぐって起こった論争。近代的自我の確立を主張する人々と客観的・歴史的法則性を重視する人々とに分かれ、論争が行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の主体性論争の言及

【マルクス主義】より

…しかしまた,戦前の転向,挫折の経験や戦争そのものの体験は,個人の〈主体性〉の自覚を強め,客観的歴史法則を説くマルクス主義理解に鋭い批判を加えさせることにもなった。荒正人ら雑誌《近代文学》の同人によって提起された主体性問題は,哲学や歴史学などの分野で〈主体性論争〉(1946‐49)を生んだ。しかし,マルクス主義はさまざまな分野に何らかの形で大きく影響し,とくに経済学と歴史学の分野で,日本のマルクス学は高い水準に達した。…

※「主体性論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

主体性論争の関連キーワード松村 一人梅本 克己真下 信一高桑純夫小松摂郎梅本克己加藤正荒正人主体性自我文学意義哲学論争