コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九重塔 くじゅうのとう

世界大百科事典内の九重塔の言及

【塔】より

…塔は,通常,塔刹(とうさつ),塔身,基座の3部からなり,塔刹は,さらに宝珠・円光などの刹頂,相輪,仏蓮などから構成される。南北朝時代の文献の記述や石窟の表現によると,当時主流をなしたのは楼閣式の木塔で,とりわけ北魏洛陽の永寧寺九重塔(永寧寺塔)は史上に名高い。隋・唐時代には木塔のほか,塼塔も数多く建設され,方形が主流を占めたらしく,また南北朝には出現した密檐式塼塔もしだいにかなり普遍化した。…

※「九重塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九重塔の関連キーワード福井県丹生郡越前町大谷寺大分県臼杵市野津町王子大分県国東市国東町北江兵庫県川西市満願寺町滋賀県野洲市久野部百済寺(奈良県)朝日(福井県)米原(市)臼杵(市)仏教建築桜島国重舒明天皇永寧寺塔桜島国宗大安寺皇竜寺六勝寺米原市五重塔大谷寺

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android