コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼水軍 くきすいぐん

大辞林 第三版の解説

くきすいぐん【九鬼水軍】

中世、伊勢・志摩を中心に活躍した九鬼氏の水軍。三重県尾鷲市九鬼を本拠地とした。九鬼嘉隆は関ヶ原の合戦で西軍につくが、子守隆が東軍につき、大名として近世に至る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の九鬼水軍の言及

【鳥羽[市]】より

…鳥羽は古くは泊浦(とまりのうら)とよばれ,水深も深く波も静かな天然の良港の鳥羽港を中心に市街が発達する。平安時代には橘氏が領し,16世紀後半の九鬼嘉隆の築城以後は九鬼水軍の拠点であった。近世は鳥羽藩の城下町で,大坂~江戸間の航路の風待港としても栄えた。…

※「九鬼水軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九鬼水軍の関連キーワード鳥羽(市)尾鷲(市)鳥羽[市]九鬼嘉隆九鬼守隆向井忠勝答志島尾鷲市鳥羽城本拠地関ヶ原鳥羽市東軍九鬼西軍近世志摩水軍

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九鬼水軍の関連情報