二次性ケトージス(読み)にじせいけとーじす

世界大百科事典内の二次性ケトージスの言及

【ケトージス】より

…ウシのケトージスは分娩後1ヵ月以内で泌乳量が最盛期になると,高能力牛または分娩時に太り過ぎた状態の乳牛で多発し,乳量の著しい低下や,痙攣(けいれん),昏睡ののち死に至る。一方,低栄養をもたらす第四胃変位,感染などの食欲減退や,酪酸発酵サイレージの多給でも発症する(二次性ケトージス)。ヒツジでは双胎または多胎の妊娠の末期に発症する。…

※「二次性ケトージス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android