二次生産(読み)にじせいさん

世界大百科事典内の二次生産の言及

【生物生産】より

…生物生産は生物の生活にとって最も基本的な機能の一つであり,生態系における物質循環の駆動力となっている。独立栄養生物の行う一次生産と従属栄養生物の行う二次生産とに区別される。
[一次生産]
 クロロフィルによって太陽エネルギーを吸収して光合成により無機物から有機物を合成する緑色植物(高等植物およびラン藻を含む藻類)の生産が主である。…

※「二次生産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android