二軸性結晶(読み)ニジクセイケッショウ

  • biaxial crystal

化学辞典 第2版の解説

光軸を二つもつ結晶.斜方晶系単斜晶系三斜晶系結晶がこれに属する.この結晶の屈折率だ円体は,図のように長さの異なる三つの主軸をもっている.各主軸方向の屈折率は主屈折率とよばれ,α,β,γで表し,

α < β < γ
の関係で定義する.斜方晶系では,結晶軸はこの主軸のどれかとそれぞれ一致し,単斜晶系では一つの結晶軸だけがこの主軸のどれかと一致するが,三斜晶系ではどれも一致しない.この二つの光軸の間の角を光軸角といい,そのうちのγ方向の角を2Vと表す.V < 45°の結晶を正結晶といい,V > 45°の結晶を負結晶という.V = 0°(α = β = ω < γ = ε)とすれば,一軸性結晶正結晶の場合になり,V = 90°(α = β = ω < γ = ε)とすれば,一軸性結晶の負結晶の場合になる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android