享禄・天文の乱(読み)きょうろくてんもんのらん

世界大百科事典内の享禄・天文の乱の言及

【長尾為景】より

…国内守護派との抗争,畠山氏と結んで越中一向一揆と戦うなど戦陣に明け暮れる一生を送り,幕府からは守護大名と同等の格式を与えられた。しかし,為景一代では戦国大名化は成功せず,為景の強大化をきらう国内の有力国人衆との抗争が繰り返された(享禄・天文の乱)。晩年,嫡子晴景に家督を譲って後見に当たったが,ついに越後一国を掌握できないまま没した。…

※「享禄・天文の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android