人間探求派(読み)にんげんたんきゅうは

世界大百科事典内の人間探求派の言及

【加藤楸邨】より

…37年,妻子を伴って上京,東京文理大国文科に入学。都塵の中の生活と日中戦争の暗い世相の中で,俳句と生活を密着させ人間の内面の表現を希求,句風はくらく,孤独苦渋の色を深め,中村草田男らとともに人間探求派と呼ばれた。39年第1句集《寒雷》を上梓,翌年俳誌《寒雷》を創刊した。…

【寒雷】より

…生活の誠実を地盤としたところの俳句を求める〉との意図を掲げる。〈人間探求派〉と呼ばれた主宰者,加藤楸邨(しゆうそん)(1905‐ )は,〈真実感合〉の方法を提唱,生き生きとした実感を,対象と自己を一体にした発想において把握しようとした。楸邨のその志向のもとに,田川飛旅子(ひりよし),金子兜太(とうた),森澄雄らが輩出した。…

【中村草田男】より

…内面の全人間的要請を有季定型の伝統形式を通して問うという一貫した理念を有し,素材と表現の拡充新化に傾斜した新興俳句や,客観写生・花鳥諷詠一辺倒の《ホトトギス》俳句にくみせず独自の立場をとった。《火の島》(1939),《万緑》(1941)で汎神論的生命賛歌の本領を発揮,季語を象徴的に活用するなど,加藤楸邨石田波郷と共に人間探求派と呼ばれた。46年俳句誌《万緑(ばんりよく)》を創刊,戦後俳句の散文的傾向に抗して,人間的要請の〈文学〉と,俳句固有の方法の〈芸〉の統一を希求した。…

※「人間探求派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間探求派の関連情報