コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仇鉞 きゅうえき

世界大百科事典内の仇鉞の言及

【寧夏の乱】より

…たまたま1510年(正徳5),宦官劉瑾(りゆうきん)が大理寺少卿周東を遣わして寧夏の屯田を測量し,租税の増徴をはかって将卒の憤激を買うと,寘鐇はこの機をとらえて劉瑾の罪状を数え,君側の奸を除くことを名として兵を挙げた。朝廷では前右都御史楊一清を起用して提督とし,京営(中央軍)の兵を率いて討伐に向かわせたが,これよりはやく現地では,参将仇鉞(きゆうえき)の奇計が功を奏し,反乱はわずか18日で終息,寘鐇は北京に送られて殺され,仇鉞は咸寧伯に封ぜられた。この反乱は,1519年に起こった寧王の乱と同じく王族の起こした反乱で,正徳帝の遊興と劉瑾ら宦官による政治の腐敗に根本的な原因がある。…

※「仇鉞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone