コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名日記 かなにっき

世界大百科事典内の仮名日記の言及

【日記文学】より

…さらに近代文学における〈私小説〉も射程距離内に含めるならば,日記文学は日本文学独自の一大潮流だといえよう。しかし,そうした広大な俯瞰のうえで,さらに厳密化すると,日記文学という〈文学性〉が認められるのは,古代後期と中世に現れる女流文学者による仮名日記に限定することができる。 自照文学とか私小説(イッヒロマン)などともいわれるこれらの日記文学は,仮名で書かれた〈回想の文学〉という共通の要素があり,それが単なる備忘録的な日記を超克していくのである。…

※「仮名日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

仮名日記の関連キーワード土左日記・土佐日記建春門院中納言紫式部日記和漢混淆文飛鳥井雅有亭子院歌合和文体伊勢