コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名書き かながき

大辞林 第三版の解説

かながき【仮名書き】

仮名で書くこと。また、書いたもの。 ↔ 真名まな書き

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仮名書きの言及

【読み書きそろばん(読み書き算盤)】より

… 漢字を使う層が拡大すると,文字の画数は少ないほうが好まれ,書体も簡略化する。これが片仮名・平仮名の発生と普及の原因であり,仮名書きによって日本語は初めて微妙な表現まで表記できるようになり,10~11世紀には《源氏物語》を頂点とする物語群が展開する。貴族の子弟のためにではあるが,《三宝絵詞(さんぼうえことば)》や《口遊(くちずさみ)》のような幼学書,《和名類聚抄(わみようるいじゆうしよう)》のような一種の百科辞書が登場するのもこのころである。…

※「仮名書き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仮名書きの関連キーワード草紙・草子・双紙・冊子支える・閊える・痞えるひらかな盛衰記御湯殿上日記相沢 春洋松会三四郎六代勝事記讃岐・讚岐当てられる浚う・渫う相沢春洋尊円城間仮名草子日記文学御負けに真名書き女房奉書黒井繁乃土佐日記和漢書

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android