企業活動(読み)きぎょうかつどう

世界大百科事典内の企業活動の言及

【経営学】より

…意思決定は上記のように常規化するが,環境が変化すれば常規化された意思決定にもとづく行動が変化した環境に適合しなくなり,新しい意思決定活動が必要になる。経営学の諸分野の研究は,暗黙のうちにもすべてこのような意思決定を軸にして,企業活動を理解し,説明しようとしている。
[体系]
 経営学は変化する経済的・社会的環境のなかで経済活動を行っている現実の企業の行動の論理を解明し,またその企業の行動の社会・経済に及ぼす影響のメカニズムを理解しようとしている。…

※「企業活動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android