コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予西園寺家 いよさいおんじけ

世界大百科事典内の伊予西園寺家の言及

【西園寺家】より

…すなわち公経の男実有が一条家を,実雄が洞院家を,実藤が四辻(室町)家を起こし,公相の男実俊が橋本家を,実兼の男兼季が今出川(菊亭)家を起こした。また鎌倉時代に伊予国の知行国主を相伝したため,一流の公俊(実衡の子という)が東宇和郡に下向し河野氏の女をめとって松葉城におり,伊予西園寺家の祖となる。公俊は1379年(天授5∥康暦1)細川氏に攻められて敗死したが,その後裔実光は黒瀬城を築き,公高・公次・公宣・公広とここにいたが,1584年(天正12)長宗我部氏に攻められて下り,数年後に殺されて断絶した。…

※「伊予西園寺家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伊予西園寺家の関連キーワード西予(市)西園寺公広

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android