コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢半島 いせはんとう

世界大百科事典内の伊勢半島の言及

【三重[県]】より

…北部では鈴鹿山脈および布引・高見両山地が分水嶺をなす。この東側には第三紀,第四紀の台地が階段状に発達し,ここを流れる鈴鹿川,雲出(くもず)川,櫛田川,宮川などが伊勢半島を形成し,また県域北東端では木曾三川が河口部に三角州を形成して伊勢湾に注いでいる。一方,西側の上野盆地の中央を西流する柘植(つげ)川,服部川などは,木津川を経て淀川となって大阪湾に注ぐ。…

※「伊勢半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android