コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊海 いかい

世界大百科事典内の伊海の言及

【伊孚九】より

…中国清時代の画家。名は海,日本では字の孚九で知られる。生没年不詳。江蘇省呉県付近山塘の人で,馬を商う貿易商として1720年(享保5)に初めて長崎に渡来し,以後数回来日したらしい。余技として南宗文人画風の山水画をよくしたが,中国の画史画伝類にはその名を見ない。しかし,日本に初めて本格的な南宗画法を伝えた画人として,日本南画に与えた影響はきわめて大きい。【成瀬 不二雄】…

※「伊海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊海の関連キーワード室戸舟状海盆孤山至遠魚雷艇

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊海の関連情報