コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宗恕 いとうそうじょ

世界大百科事典内の伊藤宗恕の言及

【老人雑話】より

…近世初期に成立した随筆。儒医江村専斎(1565‐1664)の談話を門人伊藤坦庵(宗恕)が筆録編集した書。2巻。戦国時代から近世初頭にかけての武将の逸事や軍事,文事,医事,能,茶,京都の地理などに関する話を達意の文章でつづっている。とくに豊臣秀吉に関する逸事は白眉の記事であるが,必ずしもすべてが真実とは言い難い。随筆としては優れたものである。活字本は《改訂史籍集覧》《随筆文学選集》《続国民文庫雑史集》所収。…

※「伊藤宗恕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android