コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀同心 いがどうしん

世界大百科事典内の伊賀同心の言及

【伊賀者】より

…1582年(天正10),当時上洛して泉州堺にあった徳川家康が本能寺の変に遭遇し,急きょ難をさけて領国三河に帰還する途中,その〈伊賀越〉に身辺警護の功があって召し出されたという由緒をもつ。このときに伊勢路まで供奉した者は直参に取り立てられ,鹿伏兎越(かぶとごえ)(伊賀越)まで供奉して途中から帰国した者200人は服部半蔵正成に預けられて伊賀同心と称し,のち百人組4組のうちの伊賀組や先手(さきて)の諸隊の同心となった。また彼らとは別に尾張で召し出された者があり,これらはもっぱら陣中で間諜に任じたという。…

※「伊賀同心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊賀同心の関連キーワード鬼麿斬人剣服部半蔵伊賀者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊賀同心の関連情報