会合十人衆(読み)えごうじゅうにんしゅう

世界大百科事典内の会合十人衆の言及

【納屋衆】より

…しかし,堺の豪商はほとんど政商であったため,政権の変動によって会合衆にも変化があった。堺海会(かいえ)寺の僧が記した1484‐86年(文明16‐18)の《蔗軒(しやけん)日録》には会合十人衆として,湯川宣阿,同新兵衛,富那宇屋(ふなうや)宗元,三宅主計(かずえ),和泉屋道栄,湯川新九郎,同助太郎などの名がみられる。1568年(永禄11)会合衆は能登屋,臙脂(べに)屋を中心として織田信長との一戦を構えたことは有名である。…

※「会合十人衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android