コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会寧邑 かいねいゆう

世界大百科事典内の会寧邑の言及

【会寧】より

…近代に入って,山岳地帯の豊富な山林資源,朝鮮では数少ない褐炭炭田,石灰石,高嶺土などの鉱山が開発され,日本海沿岸の清津等の工業地帯へ原料として供給されている。中心地の会寧邑には,海岸地方からさらに奥地の穏城や慶源へ向かう咸鏡線の中間主要駅があり,豆満江国際鉄橋をわたって中国の間島地方へ至る接点となっているほか,家具やパルプ工業が発達している。【谷浦 孝雄】。…

※「会寧邑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会寧邑の関連キーワード会寧五洞遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android