コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津地方 あいづちほう

世界大百科事典内の会津地方の言及

【福島[県]】より

…【狐塚 裕子】
[3列の山地と低地]
 福島県は,ほぼ南北に並列する三つの山地と三つの低地から形成されており,全体としては山地・丘陵地が広い。山地は東から阿武隈高地,奥羽山脈と飯豊(いいで)山地・越後山脈であり,太平洋とそれらの山地の間に,東から浜通り低地帯(浜通り),中通り低地帯(中通り)および会津地方の会津盆地・田島盆地が南北に並列している。阿武隈高地は大部分が標高1000m以下の高原状地形であり,高地内には樹枝状谷が発達する。…

※「会津地方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

会津地方の関連キーワード福島県南会津郡南会津町糸沢会津蝋燭・会津蠟燭蘆名盛氏・芦名盛氏奥会津編み組細工会津高原殺人事件会津高田[町]熱塩加納[村]奥会津博物館鰊の山椒漬け会津身不知柿会津身知らず会津磐梯山三五八漬け猪苗代盆地会津民俗館鰊の天麩羅会津地鶏会津盆地野岩鉄道蘆名盛氏

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会津地方の関連情報