伝馬屋敷(読み)てんまやしき

世界大百科事典内の伝馬屋敷の言及

【伝馬】より

…全国統一を果たした徳川氏も早くから伝馬制を実施しており,専用の伝馬手形を発行したり,宿駅(とくに東海道)の整備に力を入れていた。【柴辻 俊六】
[近世]
 徳川家康は関ヶ原の戦の翌1601年(慶長6)東海道に宿を置き伝馬制を敷き,1宿に36疋の馬を常備させ,かわりに伝馬屋敷を与えた。この伝馬を使用できるのは,将軍名の朱印状の携帯者に限ったが,そのほかに老中,所司代らの発行する証文(伝馬手形)を携行する者にも提供し,これらは無賃であった。…

※「伝馬屋敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝馬屋敷の関連情報