コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相同期受信機 いそうどうきじゅしんき

世界大百科事典内の位相同期受信機の言及

【宇宙通信】より

…人工衛星と地球との通信は,気象衛星や資源探査衛星のような地球探査衛星からの観測データの伝送,人工衛星の状態検査や指令を行うためのテレメトリー・コマンド通信に用いられている。また,マリナー,バイキング,ボエジャーのような惑星探査機との交信は,人類が行ったもっとも長距離の通信であり,背景雑音にうずもれた微弱な受信信号を見つけ出して捕捉(ほそく)する位相同期受信機や,受信した情報の誤りを訂正する誤り訂正符号を用いることにより特別に感度の高い受信方法を実現している。宇宙飛行体間の通信はアポロ計画の月着陸船と司令船との交信に見られる程度で例が少ないが,今後,地球探査衛星やスペースシャトルのオービターとの通信に多用されよう。…

※「位相同期受信機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone