コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置運動 いちうんどう

世界大百科事典内の位置運動の言及

【運動】より

… しかし,今日われわれが運動という概念でとらえる概念形成に,最も直接的にかかわっているのは,古代ギリシアの形而上学体系であろう。もちろん,ギリシアにあっても,運動は,必ずしも,物理的な意味,つまり物体の位置運動としてのみとらえられたわけではない。アリストテレスは,一般に運動を,可能的なものから現実的なものへの〈変化〉として措定している。…

※「位置運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

位置運動の関連キーワード末梢神経障害(ニューロパチー)新科学対話新科学論議位置天文学球面天文学赤道座標天体観測銀河座標筋肉感覚深部感覚黄道座標天文学H定理筋紡錘月食

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android