コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位階授与 いかいじゅよ

世界大百科事典内の位階授与の言及

【位階】より

…官人社会における個人の地位を表す序列・等級。
[冠位制の流れ]
 日本における位階制は603年(推古11)の冠位十二階に始まる。これは,官人序列を冠の色によって表そうとするもので,源流は朝鮮半島の制度に求められる。徳・仁・礼・信・義・智の各冠を大小に分けた12階から成るが,ただし,全官人に適用されたものではなく,最上位の徳冠が後の四位に相当すると考えられている。《日本書紀》によると,その後647年(大化3)には七色十三階が導入され,全官人を対象とする位階が成立し,649年には冠位十九階,664年(天智3)には冠位二十六階が制定されたことになっているが,その具体相についてはなお検討すべき点を残す。…

※「位階授与」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

位階授与の関連キーワード矢代女王擬階奏定考列見三授

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android