コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐用姫 さよひめ

1件 の用語解説(佐用姫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

佐用姫【さよひめ】

松浦佐用姫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の佐用姫の言及

【大伴狭手彦】より

…このうちことに欽明23年条の記事は,当時の朝鮮の状況からみて疑わしく,一本にいう欽明11年のこととしても,伝承としての誇張が考えられる。なお《肥前国風土記》松浦郡の条や,《万葉集》巻五の山上憶良の作歌および序には,狭手彦が渡海前にめとった弟日姫子(佐用姫)について,姫が別離を惜しんで領巾(ひれ)を振った褶振峯,狭手彦から贈られた鏡が沈んだ鏡の渡しなどの説話がある。【笹山 晴生】。…

【松浦佐用姫】より

…この山は肥前国松浦郡の褶振(ひれふり)の峯と伝え,佐提比古は《日本書紀》宣化紀に登場する大伴狭手彦(さでひこ)と理解されている。 佐用姫の褶振の伝説は《奥儀抄》,《平家物語》巻三,《古今著聞集》巻五など中世の書物に散見し,これを素材としたのが能の《松浦鏡》(別名《佐用姫》)である。《曾我物語》巻四などでは姫が悲しみのあまり石になったとする化石譚をともなっており,《峯相記(みねあいき)》では姫が悲しみから走り出て播磨国に行き,死んで佐与媛(さよひめ)明神となったので,その地を佐与郡と名づけたと伝える。…

※「佐用姫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐用姫の関連情報