余力管理(読み)よりょくかんり

世界大百科事典内の余力管理の言及

【工数管理】より

…第1は,実際の生産活動を行っている最中に,標準工数と実績工数との差異を把握し,その差異をできるかぎり少なくし,生産活動が円滑に進行しうるような調整方法を考案し,結果として工数を節減する方法である。これは余力管理ともいわれ,たとえば,実績工数が標準工数を上回り,生産に遅れが生じていることを把握した場合には,作業能率をアップするよう作業者に指示したり,あるいは時間外労働,応援などを行うことによって,生産の遅れをカバーする方法である。第2は,生産活動が一循環した後に,標準工数と実績工数とを比較し,差異が生じている場合にはその原因を究明し,それを排除する施策を立案し,それによって工数の節減をはかる方法である。…

※「余力管理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android