コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

係蹄 けいてい

世界大百科事典内の係蹄の言及

【わな猟(罠猟)】より

…構造上からは落し穴式のものと竹や木の弾力を利用したばね仕掛のものとに大別できる。縄や糸を輪にして,その内に動物の体の一部が入ると締めつけるくくりわなは,中国で係蹄といわれるが,日本語のワナ(ワサとも呼ばれる)の原義はこれらしい。機と称して弓に矢をつがえて引きしぼっておき,野獣が通る道にしかけて糸を張り,獣の身体が糸に触れると支えがはずれて矢が獣に命中する装置は,古代からフムハナチと呼ばれ大いに利用された。…

※「係蹄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

係蹄の関連キーワード原因が明らかな難治性下痢症の例腎臓のしくみとはたらき膜性腎症の診断基準ヘンレのループネフロンループ尿細管疾患フロセミド盲管症候群ヘンレ係蹄ネフロン牽引療法片倉鶴陵尿細管腎単位ヘンレ腎小体利尿薬細胞腎臓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android