コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借り腹 かりばら

1件 の用語解説(借り腹の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かりばら【借り腹】

妻の卵子と夫の精子による受精卵を第三者の子宮に入れて、出産してもらうこと。ホスト-マザー。 → 代理母はは代理出産

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の借り腹の言及

【人工授精】より

…夫に不妊の原因がある場合の治療方法としてもっぱら行われてきた人工授精は,DIY方式の普及によって妻の不妊の際にも拡大して実施されるようになった。つまり,他の女性に夫の精液を人工授精して,夫と妻の子とする〈借り腹〉ないしは〈代理の母surrogate mother〉である。 さらに,体外受精が実用化段階に入ってからは,配偶者間体外受精のほかに,卵子提供者や精子提供者を組み合わせた非配偶者間体外受精も可能であるから,親子法ならびに医療行為としての合法性や医の倫理の問題が再び論じられるに至っている。…

※「借り腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

借り腹の関連情報