光化学の第1法則(読み)ひかりかがくのだいいちほうそく

世界大百科事典内の光化学の第1法則の言及

【光化学】より

…X線からγ線による光化学は通常,放射線化学と呼ばれている。
[光化学の基礎法則]
 (1)光化学の第1法則 グロトゥス=ドレーパーGrotthus‐Draperの法則ともいわれ,〈光化学的現象は,吸収された光によってのみ起こる〉という内容である。光と物質の相互作用は吸収のほかに屈折,反射,散乱などがあるが,吸収以外は物質への光エネルギー的変化を伴わないから,一般に光化学の対象にはならない。…

※「光化学の第1法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android