光磁気記憶装置(読み)ひかりじききおくそうち

世界大百科事典内の光磁気記憶装置の言及

【記憶装置】より

…パソコンなどでは,円盤は直径3.5インチのものが1~4枚,容量はHDD1個あたり4~9ギガバイト程度,アクセス時間(平均シーク時間)は8~10ms程度のものがよく使われている。
[光記憶装置と光磁気記憶装置]
 光を使って情報を読み書きする装置を光記憶装置という。また,光と磁気の両方を組み合わせて情報を読み書きする装置を光磁気記憶装置という。…

※「光磁気記憶装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android