コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎飛び うさぎとび

世界大百科事典内の兎飛びの言及

【験競べ】より

…修験者どうしが相手を決めて互いに法術を尽くし,身についた験力の優劣を競うもの。修験者は山岳に入って苦行を重ね,験力を体得するものと考えられたので,いつでも効験を競うことができたが,とくに入峰(にゆうぶ)修行の後にその力を試す験競べが恒例行事として行われた。比叡山,大峰山,熊野山,羽黒山,彦山などのそれが古来有名で,これらは3人ずつあるいは10人ずつと,左右に分かれて,順番に験を競い,全体の勝敗数をもって左右両組の勝負を決めた。…

※「兎飛び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。