コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童演劇

1件 の用語解説(児童演劇の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

児童演劇

明治時代、福岡・博多出身で「新派劇」を立ち上げ川上音二郎の一座が子ども向けの「お伽(とぎ)芝居」の演目を初めて上演して評判を呼び、広がった。戦時期に衰退したが、戦後まもなく、子どもを観客とした専門劇団が執と創立。学校や児童館などを回って上演してきた。児演協加盟は1992年に80劇団、90年前後は年間上演数3万回、園児から高校生の観客数約1200万人を数えた。その後減少傾向をたどるが、2001年に文化芸術振興基本法ができ、文化庁義務教育期の舞台芸術体験事業を始めるなど盛り返す兆しがある。

(2009-11-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児童演劇の言及

【児童劇】より

…児童のために演じられる演劇を総称して児童劇,または児童演劇という。小学校で児童自身が演じる劇をふつう〈学校劇〉というが,この分野も含めて児童劇とする考え方もある。…

※「児童演劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児童演劇の関連キーワード川上音次郎新派博多旧劇旧派新派劇新派悲劇中間演劇博多津渡辺与八郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児童演劇の関連情報