入我我入観(読み)にゅうががにゅうかん

世界大百科事典内の入我我入観の言及

【神秘主義】より

…本尊の結ぶ印契を身に結び,本尊の誦す真言を口に誦し,本尊の念ずる観念をこらすことによって感応道交一体となる。その際,本尊が我が身に入り,我が本尊の身に入り,一体無二無別と観ずる入我我入観が説かれる。密教に反して,仏陀の立場や禅の身心脱落・脱落身心を神秘主義とすることには問題がある。…

※「入我我入観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android